静電気対策と潤い


静電気と潤いの関係についての説明
静電気を感じやすい人のほとんどが自然放電が苦手なようです。


同じ衣類、同じ環境下でも静電気を感じやすい人と、感じにくい人に分かれます。


では、どうして自然放電が上手な人と自然放電が苦手な人に分かれるのでしょうか?


これは食生活や、生活環境の違いもありますが、大きな違いは“潤い”です。


皮膚や髪の毛に十分に潤いがある人は、静電気が発生してもスッと逃げてしまい、静電気の発生をほとんど感じません。知らない間に自然放電しているんですね。


一方、潤いがない、皮膚や髪の毛が乾燥している人は静電気の発生を感じやすく、自然放電が苦手なんですね。


つまり、静電気に悩まされるということは、皮膚や髪の毛が乾燥している証拠なのです。


よく考えれば、静電気は梅雨や湿度の高い夏などにはほとんど感じません。乾燥している冬の悩みですよね?


ですので、冬でも体内の潤いを保つ事が静電気対策につながるのです。


もちろん冬に潤いを保つ事は難しいかもしれませんが、肌には保湿クリーム、髪の毛にも保湿剤などを使えばある程度は静電気を防げると思いますよ。


しかしこれらは一時的な対処法ですので、内から、特に食事などを見直すことが大切かもしれません。


 乾燥から潤いを得るために最適な食材



カキは静電気対策に良い食材冬の乾燥から潤いを取り戻すために良い食材は、“海のミルク”といわれている牡蠣(カキ)。捨てるところがないといわれているアンコウ、また唐辛子(カプサイシン)なども良いでしょう。


ですので冬には、“キムチ牡蠣鍋”は静電気予防にはうってつけのメニューかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2005-2017 静電気防止・除去・対策. All rights reserved

静電気防止・除去・対策法トップ 静電気防止・除去・対策法 静電気対策と潤い