静電気発生のメカニズム「摩擦」


静電気発生メカニズムについての説明
乾燥した季節には誰もが一度は静電気を経験したことがあるのではないでしょうか。


チクリと痛む程度のこともあれば、暗闇で青白い光が見えることもあります。では一体、静電気発生のメカニズムは何なのでしょうか?


 静電気の大きな原因「摩擦」



私たちの身近で発生している静電気発生の多くは“摩擦”です。


物質と物質が接触すると、その接触面では必ず静電気が発生します。これは“摩擦電気”と呼ばれています。


人間が生活している以上摩擦は避けられない特に固体と固体、固体と液体との接触面においてはそれらが同じ物質でも静電気が発生しやすく、静電気の発生量は接触圧力や接触面積が大きいほど大きくなります。


現代人は衣類を身に付けて生活し、生活しているだけで物質同士(衣類と肌など)が常に接触していますので、人間が生活している以上、この摩擦をなくすことはほぼ不可能に近いことかもしれません。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2005-2017 静電気防止・除去・対策. All rights reserved

静電気防止・除去・対策法トップ 静電気のメカニズムとイオン 静電気発生のメカニズム「摩擦」