導電性繊維


静電気を放電する方法についての説明
静電気を放電する方法として有名なのが、地面に手を付けたり、壁や水道管など身近なものに触れる方法です。


また本革製品(本革の財布)や木片などに触れることで身体に溜まった静電気を放電(逃がす)することもできるのです。


確かにこれらの方法で静電気を放電(逃がす)することが出来るのですが、人は歩いただけ、動いただけでも衣類の摩擦ですぐに体に静電気は帯電してきますので、これは一時的な静電気防止対策ですしかありません。


いつも地面に手をつけたり、壁に触ったり、本皮製品をさわってることなんてできませんよね?そんな方におすすめしたいのが導電性繊維です。


 導電性繊維で静電気防止対策



導電性繊維は、電気の流れやすい金属やカーボンなどといった物質を混入して作られた特殊な糸で、金属のように電気を通すため、半導体や揮発性の高い薬品を扱う工場などの作業服などにも使用されているのです。


静電気防止対策に欠かせない導電性繊維この導電性繊維、一般にはなかなか手に入りづらいのですが、裁縫用具店などで販売している場合がありますので、手に入れる事が出来ればスカートやコート、ワンピースなどの衣類に縫いつけるだけで静電気を防止することが可能となります。


導電性繊維を身に着けていれば、いつのまにか静電気を勝手に放電してくれますので、静電気を溜めることなく、快適な生活を取り戻すことができる、静電気防止対策の救世主といえるかもしれません。


いまではスカートやコート、ワンピースの裏地に、はじめから導電性繊維の生地をつかっているものもあります。導電性繊維を使用した衣類は静電気を逃がしやすく、まとわりつきも少ないので、衣類を購入するときはファッション性だけではなく、裏地のチェックをすることも大切ですね。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2005-2017 静電気防止・除去・対策. All rights reserved

静電気防止・除去・対策法トップ 静電気防止・除去・対策法 , 静電気と衣類 導電性繊維