衣類から静電気対策


静電気防止対策には色々ありますが、手軽に、そして今からできて、効果が高いもの、それは衣類を見直すことです。

衣類による静電気防止法としては、まず、合成繊維の衣類をやめ、綿、絹、麻、羊毛などの「天然繊維100%の素材」を着ることです。


冬の定番となったフリースも典型的な合成繊維製品ですので、静電気を防止するためには避けたほうがいいかもしれません。


 女性の衣類は?


女性の衣類と静電気対策
しかし女性など、ファッションを気にする方にとっては天然繊維100%の素材だけの組み合わせはとても難しいものです。


そこで静電気と衣類の組み合わせでも説明しましたが、マイナスに帯電しやすい素材と、プラスに帯電しやすい素材の近くの素材同士を組み合わせることです。


例えば、フリース(ポリエステル)の下にウールのセーターよりも、綿のTシャツ・肌着を組み合わせたほうが静電気を帯電しにくくなりますので、その結果、静電気発生を防止することにつながるのです。


化学繊維・合成繊維製品に比べて、綿はもともと吸湿性にすぐれているので、綿の下着を身に付けることは、静電気の発生をある程度防止する効果が期待できます。


 静電気防止に洗濯も効果的?



またあまり知られていないかもしれませんが、静電気防止には洗濯も重要です。


洗濯後に柔軟剤で仕上げたり、静電気防止スプレーを使うのもひとつの方法です。


柔軟剤がなければ、洗剤のアルカリ性を中和するためのお酢とグリセリンを混ぜたものを注入すると、静電気防止対策にもなります。


柔軟材も静電気防止には効果的柔軟剤や静電気防止スプレーに使われている界面活性剤の分子には、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分があります。


繊維に吸着した界面活性剤の水になじみやすい部分が静電気を逃がし、油になじみやすい部分が潤滑油の役割を果たして、繊維同士の摩擦を防いでくれますので、積極的に活用しましょう。


 静電気予防に繋がる衣類まとめ



まとめると・・・


「できるだ天然素材100%の衣類を着ること。重ね着をする場合は同じ素材のもの、または近い素材のものを着ること、マイナスに帯電しやすい衣類と、プラスに帯電しやすい衣類の重ね着は、静電気を誘発しやすいので避けること」です。


また導電性繊維を衣類に縫い付けたり、はじめから導電性繊維の生地を使った衣類を選ぶこともとても大切です。


冬に静電気のせいでイライラや風邪などが心配される方は、テストや大事な場面では天然素材の衣服を着るよう心がけることはとても大切かもしれませんね。


また帰宅したときなどは、手を洗ってからコートなどの衣類を脱ぐと、静電気が上手に放電されますので試してみてください。


衣類だけではなく、室内のカーペットやカーテンなどの繊維製品にも同じことがいえますので、注意してみてください。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2005-2017 静電気防止・除去・対策. All rights reserved

静電気防止・除去・対策法トップ 静電気防止・除去・対策法 , 静電気と衣類 衣類から静電気対策